忍者ブログ

辺クラ同人

辺境クライミング同人、略して辺クラ同人

辺クラin尾花岬(北海道本土最西端)その3=谷1編

滝記号があるので、見に行ってみた。





これが滝記号の滝。うーん、しょぼい。

>
尾花岬はマムシの宝庫

けんけんじりじり
PR

どうして今までやられて来なかったのか黒部横断沢登り。序章。

黒部横断沢登り

黒部川十字峡に流れ込む棒小屋沢と剣沢。
剣岳に突き上げる剣沢と池ノ谷。

棒小屋沢、剣沢、池ノ谷の三本の谷は、
いずれも冷たい豊富な水量を有している谷であり、
いずれも大ゴルジュを形成している谷であり、
いずれも沢ヤにとって憧れの谷である。

三本の谷は長野県から富山県にかけて直線的に並んでいて、
継続沢登りをしてくれと言わんばかりである。

1983年夏に中尾政樹氏が池ノ谷->剣沢->棒小屋沢の順で継続沢登りをした。
(途中メンバーは入れ替わり、剣沢大滝は大きく高巻いている)
それ以降、どうしてか誰もやらなかった黒部横断沢登り。

僕がまだ駆け出しのころの2011年正月キノポンこと木下徳彦と屋久島に来ていた。
そこでキノポンが2007年に黒部横断をトライし敗退した話を聞いた。
そのときはじめて黒部横断沢登り(棒->剣->池)はだれもやっていない課題だと知った。
それから4年と半年が経ち、僕の沢登りのレベルが上がり大部という沢仲間ができたが、
世間の沢ヤが怠慢なのか臆病なのか興味がないのか黒部横断はまだ未完のままだった。

学校の学祭休暇、仲間、体調、天候、雪渓状況、全てに恵まれて成し遂げることができた。

今回の僕らのルート。10/18-10/27
赤岩尾根→冷乗越→棒小屋沢ゴルジュ→十字峡→剣沢大滝→長次郎谷→池ノ谷乗越→池ノ谷ゴルジュ→馬場島



10/18:簗場駅=大谷原5:20-冷乗越11:00-牛首沢出合16:15
19:泊地7:20-棒小屋沢ゴルジュ内14:40
20:泊地8:20-十字峡12:30-剣沢平16:30
21:泊地6:50-焚き火テラス14:30
22:泊地6:00-緑の台地13:00-岩稜上のテラス18:00
23:泊地6:00-D滝落口16:00
24:泊地6:30-二股11:30-真砂沢ロッジ14:00
25:泊地8:00-池ノ谷乗越11:30-池ノ谷左股2000m地点18:30
26:泊地7:00-池ノ谷ゴルジュ上9:30
27:泊地6:15-白萩川出合13:00-馬場島14:30=アルプスの湯-上市駅


馬場島にて。

けんけんじりじり

二度目のトライで念願の粟姫スプラッシュ初登攀。

新潟県は粟島の立島南東壁を今回は初登攀しました。
去年の夏は取り付きで雨降ってきて敗退した。

いつもルートに名前は付けないが、今回は付けてみた。
『粟姫スプラッシュ』3P,82m
(元ネタは、粟島のおと姫の湯のキャラクター『泡姫』)
1P:ユーシ、2P,3P:けんじり
3P目の終了点はまさに山頂に生える潅木。


日本海の島々






登攀ライン


ゴミだらけ。ハングルや簡体字が目立つ。


0P目


1P目。猛禽類に狙われるユーシ。


3P目。


山頂直下。海が綺麗すぎる。


立島山頂82mで記念撮影。ついにヘルメット替えました。


けんけんじりじり

辺クラin尾花岬(北海道本土最西端)その2=谷2編

谷2は、全く大した谷じゃなかった。



河口



けんけんじりじり

辺クラin尾花岬(北海道本土最西端)その1=鳥居ノ沢編

源流から河口までただの一本も道が横切らない谷。
そんな谷が渡島半島は尾花岬周辺に三本ある。

この三本の谷を溯行してきた。
谷1:滝記号がある。
谷2:毛虫記号。ゴルジュが期待できるか。
谷3:鳥居ノ沢という名前がある。


渡島半島と尾花岬(北海道本土最西端)


尾花毛無山の谷三本



ニホンザリガニ@鳥居ノ沢


谷の遠望


大滝は30-35m程度



けんけんじりじり

日高山脈の5本の日本百名谷をまとめて継続溯下降。

日高の谷に行きたいと思った。
でもどの谷がいいかわからなかった。
ほな日本百名谷の谷でも登ろうかしら。
どうせなら全部一気に登ってやろう。

そういう安易な考えで
・元浦川ソエマツ川ピリカヌプリ北西面直登沢
・元浦川ソエマツ川ソエマツ岳南西面直登沢
・歴舟川中ノ川右股の右俣(支六の沢川右俣)
・静内川サッシビチャリ沢川1839峰南面直登沢
・歴舟川ヤオロマップ川キムクシュベツ沢(マオロマップ川)
の前者四本を溯行し、キムクシュベツ沢を下降した。

8/5夕-17の前夜発12泊12日間の人生で最長の沢登りになった。
どの谷も最高の谷だった。最後の三日間は飢餓感が抜けなかった。

下山口でたまたま北大山岳部の連中に遭遇し、スパゲティを恵んでもらい、カルピスもガブ飲みした。僕はあめ玉一つ食料が残ってなかった。十何キロの林道を歩かなくて済んだ。生きて帰れる助かった。


↑ヤマレコで作った行程地図。ヤマレコ便利。


↑サンショウウオ。
関西にイモリがよくいるように。日高にはサンショウウオがよくおった。
さて、何サンショウウオでしょう。


日高最難というソエマツ岳南西面直登沢の第一核心


中ノ川右俣は増水してコーヒー牛乳色。


中ノ川右俣の雪渓の下をくぐる。


キムクシュベツ沢の下降は泳ぎ。

https://goo.gl/photos/u9HtrgGsg3q8KDsv7
↑他の写真はこんな感じ。(google photo)

けんけんじりじり


追記:
この沢登りの様子は『山と溪谷』2015年11月号(4頁)に書いた。

奥尻島の滝記号は二つだけ。

滝記号の一つはホヤ石の滝。ちょっと登れる形状じゃない。


↑奥尻町HPのホヤ石の滝の写真

もう一つは男滝女滝。これを今回溯行した。
総落差が45m。数え方にもよるが四段?ある。
どれが男滝でどれが女滝かは定かではない。

ポロ島の最高峰も登頂しといた。






F1,F2,F3


F1,F2,F3


F2,F3


F4


ポロ島からの景色

けんけんじりじり

ホヤみたいな形したホヤ石62m。

奥尻島のホヤ石の東稜を登ったとさ。
1P目けんじり、2P目オーブ。


↑北海道檜山振興局のHPの写真


ホヤ石、ホヤ石川、ホヤ石川発電所、ホヤ石岬、ホヤ石の滝





2P目


山頂(よりちょっと海側)



けんけんじりじり

これぞ辺境ゴルジュの骨頂。

奥尻島ホヤ石川。
溯行時間30分の大ゴルジュ。

溯行図。


溯行は日本海から。


第一核心


第二核心


第二核心を上流視点


第三核心の出だし。


第三核心の最後。


ミヤマクワガタ?

けんけんじりじり


細川ガラシャも住んでいた味土野の大滝。

無明の滝を登った同じ日に味土野大滝を登った。
明智領の味土野にはかつて細川ガラシャが幽閉されてたそう。

京丹後市のHPだと落差35m




けんけんじりじり

カテゴリー

最新記事

(07/05)
(04/12)
(09/30)
(09/25)
(09/24)
(09/21)
(09/20)
(09/19)
(09/18)
(09/17)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/25)
(02/25)
(02/04)
(02/01)
(01/28)
(01/27)
(11/15)
(11/15)
(11/10)
(11/08)
(10/12)
(10/02)

ブログ内検索

忍者カウンター