忍者ブログ

辺クラ同人

辺境クライミング同人、略して辺クラ同人

渡り鳥を呼ぶゴルジュ。

犬ヶ岬小山南壁の翌日の話。

若狭湾の東端の越前岬には「渡り鳥を呼ぶ門」呼鳥門という岩がある。
その門のすぐそばに五木ひろし「越前有情」の歌碑があり、その歌碑の脇にゴルジュがある。


面白いことにゴルジュは新道をまたぎ、旧道をくぐっている。
こんな狭いゴルジュは京都の和束川支流の不動谷川以外知らない。

一緒に行った同志社の宇野くんの書いたブログ↓
http://dac.blog.eonet.jp/default/2016/06/160617-a3db.html



けんけんじりじり
PR

泳いで取り付く離島の南壁。

丹後半島、犬ヶ岬の小山南壁を登った話(2016.6/18)。

犬ヶ岬←ここ
経ヶ岬←ボルダーエリア
沓島←ファイントラック2015年春夏カタログ
馬立島←岳人2015年9月号(819)
布引滝←浦島太郎96m
味土野大滝←細川ガラシャ35m
無明の滝←京丹後市指定文化財40m

今回は同志社の宇野くんと行きました。
同志社大学山岳部ブログ↓
http://dac.blog.eonet.jp/default/2016/06/160617-a3db.html








けんけんじりじり

浦島太郎伝説、丹後半島一の100m大滝。




丹後半島一の大滝「布引滝」を登りましたとさ。
登ったのは去年のGW(2015.5/2)。いつの話や。

滝の麓にある看板曰く、落差96m、総延長284m。

布引の滝の近所に浦島太郎の浦嶋神社がある。
「昔、浦島太郎が乙姫様からもらった玉手箱を開けたところ、白雲が立ち昇り、この山に棚引いて滝になったという伝説がある。」らしい。

1p大部45m、傾斜はないけどやらしそう。
2p小阪15m、ナッツやモチヅキの最小ピトンにタイオフしてアブミ。途中で行き詰まり大部に交代。
3p大部45m、出だしを越え、100度くらいの被った壁を登りきる。プロテクションも絶妙。フォローは空中ユマール。すばらしい。
4p小阪50m、背の高さを活かしてなんとかホールドとブッシュをつなぐ。途中の垂直パートもぎりぎりホールドが繋がっていた。がんばった。
満足いくクライミングができた。


空中ユマール

けんけんじりじり

蘇洞門を覗きながら、吹雪の滝。内外海三部作第三弾。

内外海三部作の第三弾。
蘇洞門のすぐ隣の吹雪の滝。多段40m超。
1ピッチ目:大部。
2ピッチ目:けんじり。


吉田初三郎の内外海半島


吉田初三郎の蘇洞門と吹雪の滝


蘇洞門の大門の先に遊覧船。


吹雪の滝全体像。
不動さんの像からセルフビレイした覚えがあるようなないような。


大部のなかなかの奮闘的クライミング

けんけんじりじり

小滝という大滝。内外海三部作の二作目。


若狭湾の半島たち(復習)。

内外海三部作の二作目は、二段50m弱の『小滝』。
背後が大海原の気持ちいいクライミング。
下段:けんじり30m。
急傾斜の割にホールドがあってすごく快適。落口は気合のシャワーマントル!

上段:大部25m。
滝の裏を右に横断し、ハンドクラックを登る。ロケーションが最高。






下段



上段


けんけんじりじり

日本海直結ゴルジュ。内外海三部作その一。

2013年6月の海外溯行同人総会に合わせて台湾のジャスミンが来日していた。
その彼女と蘇洞門をピストン(内外海半島半周)シーカヤックをしたとき、
蘇洞門の西に日本海直結ゴルジュに滝がかかっているのを見てしまったのだ。
これは登らずにはいられないということで、2015年GWに溯行してきた。
内外海三部作の一作目。
河口近くの釣りスポットの岩を「滝ゾメ」というそうなので、
このゴルジュは滝ゾメ谷(仮)の滝ゾメ大滝(仮)ということにしとく。

日本海から直結して両岸50m近い高さの側壁のゴルジュになっていて、
各25mずつの二段50mの大滝がかかっていた。
一段目の登攀はかなり厳しく、大部がフリーと人工をうまく組み合わせて突破した。
二段目は登攀自体は易しいが、小阪がシャワークライミングで水線を突破した。



入渓地点=河口=ゴルジュの始まり


一段目:大部。


二段目:けんじり。


F3-6

けんけんじりじり

蘇洞門で名高い内外海半島。辺クラ三部作。

離島だけが辺境じゃない。半島だって文字どおり半分離島みたいなもんだ。

今回は去年(2015年)のGWの記録をようやく書いてみることにした。
内外海半島の辺クラ三部作。
その一:シーゴルジュ。二段50m滝をかける日本海直結ゴルジュ。
その二、小滝。二段50m弱の海岸瀑。
その三、吹雪の滝。蘇洞門をくぐれば多段50mの海岸瀑。


内外海半島といえば蘇洞門。
1930年代の鉄道省のポスター。(wikipedia


内外海半島の辺クラ三部作。


内外海半島の久須夜ヶ岳は若州雲浜八景の一景。


吉田初三郎の内外海半島。
三部作の内、吹雪の滝は描かれている。



けんけんじりじり

大蛇が巻きついたまま岩になってしまった。

阪急芦屋川駅から歩いて45分の蛙岩
ジャミング紳士と辺境クライマーが蛙岩を登った動画。

大蛇が巻きついたまま岩になって蛙岩は蛇巻岩と呼ばれるようになった。
山の神は蛙も蛇も岩にしてしまった。
蛙岩に関する民話は山魚さんのHPに詳しい。





けんけんじりじり

立島はまさに絶壁。粟島の歌碑の話。

「はやぶさの るすの絶壁 やけにけり」←yahoo知恵袋


歌碑の場所



歌碑からみる立島はまさに絶壁、絶景。


まさにはやぶさ、じゃなくてトビ。


粟島の動画。絶賛公開中。↓
http://henkura.dou-jin.com/Entry/63/

けんけんじりじり

これが『粟島の一日』。

新潟の離島、粟島で遊んだ様子を、
チャンベビの名曲『粟島の一日』をBGMに動画作りました。

パートナーは新潟のユーシ(世界のユージではない)。
前半は2014年の8月のボルダー、後半は2015年10月の立島南東壁。



動画内に出てくる粟島岩場マップ

1:うんこポーズの海岸ボルダー(0:11-2:17)
2:クラックフリーソロの岩島(2:17-2:24)
3:最高のロケーションボルダー(2:24-2:28)
4:柱状節理の岩場(2:28-2:31)
5:潜ればアメフラシがいる岩場(2:31-2:36)
6:立島南東壁『粟姫スプラッシュ』(2:36-3:02)

立島南東壁『粟姫スプラッシュ』は↓参考
http://henkura.dou-jin.com/Entry/57/

ユーシの働くクラビティリサーチ新潟店ブログ↓
http://gr-niigata.hatenablog.com/entry/2014/08/07/191424

けんけんじりじり

カテゴリー

最新記事

(06/05)
(05/21)
(09/19)
(07/05)
(04/12)
(09/30)
(09/25)
(09/24)
(09/21)
(09/20)
(09/19)
(09/18)
(09/17)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/25)
(02/25)
(02/04)
(02/01)
(01/28)
(01/27)
(11/15)
(11/15)
(11/10)

ブログ内検索

忍者カウンター