忍者ブログ

辺クラ同人

辺境クライミング同人、略して辺クラ同人

忘れられた島のビロウの生えるゴルジュ。

三島村は、岩波写真文庫『忘れられた島』の島。

有吉佐和子『私は忘れない』の中では黒島は非常に天気が悪い。
ぼくらが滞在していたときの黒島も天気が変わりやすく、晴れていたと思ったら激しくアラレが吹き荒れ、アラレが降ってると思ってたら晴れてたりしていた。

今年の登り始めは名無し谷。
鹿児島県立図書館で三島村の文献を読み漁ったが、谷の名称はわからなんだ。
とりあえず谷の仮称は「カザシタの川」とする。
ゴルジュの側壁にビロウ並木が見られたので、廊下の名前は「ビロウゴルジュ」。

側壁40-50mはくだらない薄暗いゴルジュに連瀑がかかる。
40m河口大滝こそ直登できないが、50m大滝を含む他の滝は直登可能で最高の沢登りだった。
この谷を見出せないとは鹿児島の沢ヤの怠慢だ。
これだから辺境はやめられない。





溯行図


写真の順番は、時系列じゃなくて下流から。












ここまでがビロウゴルジュ(河口ゴルジュ)

ここから大滝、高巻きができず、弱点が滝身の横断しかない。






けんけんじりじり
PR

へッグヮーシン川、私は忘れない。

黒島は有吉佐和子『私は忘れない』(1960年)の島。

『三島村秘史」には
ーほとんどの川が、海岸の断崖で滝となり、白竜の美景を見せている。ー
とある。

イバドンの墓がある、日暮村の牧場から入山。
ヘッグヮーシン川3段70mの河口大滝を登った。もちろん初登攀。
1段目フリーソロ、2段目けんじりリード、3段目けんじりリード。
岩質は凝灰角礫岩でほとんどランナー取れない。



屋久島と黒島。形が似てる。


イバドンの墓












入山点


大滝全景


二段目


三段目


三段目


上流


オーブさんの記録(山登魂のHP)
http://yama-to-damashii.outdoor.cc/20141227_kuroshima/kuroshima.html


じりじり

辺境ボルダリング金華山編

この春(平成26年春)に金華山でボルダーの開拓してきた。










小函崎
【フナムシ】六級
小函崎最初の課題。シンクラックをフェース登り。右を向けば大函崎が見え、クラックの中にはフナムシが見える。緩傾斜、簡単。
【八岐大蛇】五級
小函崎に来てこれを登らない人は、金華山に来て神社にお詣りしないようなものだ。波の間をぬって取り付いたが最後、登りきるしかない。
高さ五m、ムーブ五級。
豆腐岩【豆富】SD五級
豆腐様の白い立方体の花崗岩のSD課題。豆腐好きクライマーにはたまらない。豆腐は冷奴が美味しい。


仁王崎(と山王崎)エリア
昼寝岩【海幸彦】二級
山王崎の初登課題。ガバからリップを取るだけの腕力課題。気持ちいい。僕みたいにザックを波で濡らしたくなければ、荷物を遠くに置いてトライした方がいい。もしかしてだけど、左のカチスタートができたら金華山最難課題になるんじゃないのー。
昼寝岩【しーすー】SD一級。
海幸彦の右面のSD課題。両手アンダー尻ジャンで左のリップにドーン。右抜けは公開プロジェクト。有段者歓迎。
昼寝岩【ぱいせん】SD三級
海幸彦の左のクラック。(残念ながら)ジャミング要素はない。できるだけ下からスタート。
昼寝岩には、海幸彦の反対面に課題が何本か作れそうです。
【アイスクリーム右】七級
仁王崎初登課題。昼寝テラスの左垂壁。快適簡単。
【アイスクリーム左】六級
スタートホールドは上の方。スタート姿勢がちょっといずい。

小清水谷エリア
人間失格岩【】七級
山椒岩【ひのっち】三級
山椒岩【権禰宜】二級
【クラック】六級
マントルは木の根を掴んでも良い。
三本クラック岩【右クラック】六級
小ボルダー【巫女っち】


大函崎
1 弥栄(いやさか) 五級 けんじり
2 天皇(すめらぎ) 七級 けんじり
3 賽のスラブ 六級
4 天地 三級 けんじり
5 ハート 十級 小笠原
6 明察 五級 けんじり
7 クラックマントル 五級 浅沼
8 宮内庁 七級
a イール 六級 けんじり
b ハモ 六級 けんじり
c 丸貝 六級 佐々木
d メジナ 四級 佐々木
e キス 八級 小笠原
f アナゴ 七級 けんじり
g ウツボ 六級 けんじり
h ウナギ 四級 けんじり
ウナギの左カンテ限定(クラックのみ)
海蛇 三級 佐々木
i みんなでチムニー 七級 浅沼
j 噛付 四級 佐々木
ん 阿古屋貝 四級 樋下
い 拇 五級 佐々木
ろ 人差 四級 樋下
は 掌 四級 佐々木
に 四指(しし) 四級 佐々木
A 小笠原諸島 七級 清太郎
B 一刀両断 七級 けんじり
C スイミー 七級 浅沼
D 胎内クラック 六級 けんじり
E イシダイ 四級 落合
F カサゴ 五級 落合
G ハゼ 九級 落合

じり

ヘタ沖瀬に霊長類初登頂。

ナポレオン岩のとなりのヘタ沖瀬(高瀬崎)標高約100mを初登頂しました。

1995年夏に志水哲也さんが(『山と渓谷』96年6月号)南壁をトライし
2012年春に山野井泰史さんが陸から取り付こうとして引き返してます。

1P目:薄被りチムニー〜垂直ハンドクラック25m
2P目:垂直フィストクラック〜被ったワイドクラック15m
3P目:垂直チムニー〜強傾斜ブッシュ50m
最後に3.5mのボルダーを登って登頂。

パートナーのブログ→カモシカブログ









けんけんじりじり

追記
ロクスノ64号(2014年夏号)に記録載りました。

ここにもあったぞ、大ゴルジュ。

オーブと下甑島の最高峰尾岳に突き上げる谷を下降して溯行しました。
地形図からは想像できない大ゴルジュがありました。
僕らが初踏破ではないだろうか。

谷の名はチーミズの谷(チリ水の谷)。










けんけんじりじり

苦闘四十八日の「北極男」荻田泰永が再び上洛。

5/29(木)に北極冒険家荻田泰永の北極点遠征京都報告会を開催します。

日 時 :2014年5月29日(木)18:30開場 19:00開始
会 場 :京町家さいりん館室町二条 中京区冷泉町65(室町通二条上る東側)
会 費 :500円(サポート隊員/小学生以下無料)
申し込み:メール kenjiri@gmail.com
電話 080-5594-6758 小阪
講演会後に交流会も予定しているので、ご参加下さい。



けんけんじりじり

甑島のマチュピチュのヤマカガシは太くて長い。

前年の内川内谷を溯行した時にみた「甑島レイバック」を登りにいった。

初登者:大部良輔、第二登:小阪健一郎
課題名は改名せず「甑島レイバック」
グレードとサイズは白文字で載せとくので知りたい人は反転させよ。
グレード=5.10b、サイズ=キャメロットの#.75-#6








下甑島観光案内所の人いわく内川内は「甑島のマチュピチュ」。





島民いわく内川内の蛇は大きい。

けんけんじりじり

師走十日「北極男」荻田泰永が上洛。

先日『北極男』を上梓した北極冒険家の荻田泰永さんが京都で講演会をします。

場所:さいりん館(最寄り駅は烏丸御池)
日時:12/10 18時半会場 19時開始-21時半頃
会費:500円

ちなみに僕も少し夏の遠征(カリマンタン島の大岩壁)の話をする予定です。

参加希望者は下の画像の中の申込先に連絡して下さい。

2011年に角幡唯介さんと北極を歩いたのが荻田さんです。
(くわしくは『アグルーカの行方』)

じりじり

赤道直下の熱帯雨林に聳える奇峰を登ってみた。

インドネシア西カリマンタン州クタパン県にバトゥダヤの三つの頂を登りました。
写真左からBatu Daya(955m), Kuang Kande(958m), Belah Hulu(807m).
後者2つは初登です。








じり

カテゴリー

最新記事

(09/19)
(07/05)
(04/12)
(09/30)
(09/25)
(09/24)
(09/21)
(09/20)
(09/19)
(09/18)
(09/17)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/25)
(02/25)
(02/04)
(02/01)
(01/28)
(01/27)
(11/15)
(11/15)
(11/10)
(11/08)
(10/12)

ブログ内検索

忍者カウンター