忍者ブログ

辺クラ同人

辺境クライミング同人、略して辺クラ同人

細川ガラシャも住んでいた味土野の大滝。

無明の滝を登った同じ日に味土野大滝を登った。
明智領の味土野にはかつて細川ガラシャが幽閉されてたそう。

京丹後市のHPだと落差35m




けんけんじりじり
PR

滝上から覗き込むと「底の明かりを見ず。」=無明の滝


きょうたんご平成27年6月号表紙〉

きょうたんご平成27年6月号4頁〉市では、山陰海岸ジオパーク認定を契機とし、滝や渓谷なども含め自然地形全般の保全意識の向上を図ろうと、「霧降の滝」(網野町新庄)と「無明の滝」(久美浜町市野々)を新たに文化財(滝の指定は初)として指定しました。指定は5年ぶりで、これにより市指定文化財は99件となりました。
無明の滝は、高龍寺ヶ岳から流れる川上谷川の上流にあり、標高240mの地点にある滝で、市野々の集落の1km南西に位置します。市内にある滝の中では最長(約60m)で、滝を流れる水は分岐瀑となっており、昔、滝上からのぞき込むと「底の明かりを見ず」と言われたことが名前の由来となっています。
水量も豊かな時には周囲の環境に溶け込み美しく、水が砕け落ちる様子は落差40m以上の迫力を感じることができ、丹後地方でも有数の滝であることなどが評価されました。

地元の人は堂奥の滝と呼んでいるそう。
ソース→http://blog.livedoor.jp/date_fall_reply/archives/19132230.html

ロープスケールは1P目45m,2P目25mでした。







けんけんじりじり

追伸

一緒にロープを組んだminapoのブログ
http://minapo.hatenablog.com/entry/2015/09/01/221143


9月にはこんな看板できてました。

岩石に堰かれて流水の千々に分れ糸を乱せる如き奇観

あの丹哥府志に『今福村瀑布ノ図』と載っている今福の滝。
馬立島が載っている例の本

京都府に24箇所ある京都府景観資産登録地区の一つ。
宮津市今福の滝~蛇綱の里が誇る七段の名瀑~
(登録年月日平成25年3月7日)
沢ヤ的には違和感があるが、滝の上流から一の滝、二の滝、三の滝、四の滝、五の滝、六の滝、七の滝の七段78m。

大岩の滝を登った日の昼に登りました。

↓丹哥府志(宝暦13年(1763年)から天保12年(1841年))




↓与謝郡誌(大正12年発行)

今福の瀧
上宮津村字今福にあり。山路を行くこと七八町西山の間、高四十尺計り雨後流水增せば其の詠め極めて愉快にて、又水少き時は岩石に堰かれて流水の千々に分れ糸を亂せる如き奇觀、大に賞すべく瀧の側に不動堂あり。

↓登ったライン(二の滝と三の滝)


登攀における核心は二の滝三の滝。(ロープ長25m,20m,45m)

難易度は初級。

三の滝

二の滝

二の滝



けんけんじりじり

しょんべんシャワークライミング。

先日、京都府綾部市のしょんべん滝こと「大岩の滝」60mを登りましたとさ。

由良川-上林川-草壁川の支流。







大岩の滝の名の由来になった大岩↓


けんけんじりじり

京のハイボールは角だから。

昨年の京の河原ボルダーの開拓動画。
BGMはトカゲ雑談。

「京のハイボールは角だから」
「京のランジり」
「京のけんじリップ」
の三課題収録。



撮った動画が溜まっているんでぼちぼち編集します。


けんけんじりじり

リカちゃん焦ってゲロ吐いた。

LLTの琵琶湖湖畔にあるクラックボルダー。
今動画から僕の言葉を別撮りで入れてみました。

動画後半は火成岩の語呂合わせ。
火山岩、深成岩の流紋岩、花崗岩、安山岩、閃緑岩、玄武岩、斑糲岩
の頭文字をとってりかちゃん焦ってゲロ吐いた。




けんけんじりじり

虎穴岩に入らずんば鬼虎魚を得ず。

ハードディスクを整理して動画をいじれるだけの空き確保したので、久々に動画を編集しました。
その間にあやまって消してしまった動画もちらほら。

今動画に関して。
四アングルからの動画を組み合わせてますが僕はカメラ一台しか持ってませんので、完登後に三回別撮りしてます。後に撮った動画の方が綺麗に早く登ってるので、一回目に登った動画に時間とムーブをなんとなく合わせるために別撮り動画には随所にスローモーション入れてます。

今課題に関して。
楽しかったです。ボルダーやってる人でハンドジャムできる人なら超お買い得の初段だと思います。
開拓初登したオールドクライマーさんの開拓力(岩探しと掃除)には頭があがりません。ありがとうございます。

滋賀県 虎穴岩 鬼虎魚 初段


けんけんじりじり

数千丈(1丈=3m)の大岩壁、馬立島東壁。

京丹後市指定文化財
丹哥府志(たんかふし)の原本

丹後旧事記と並ぶ丹後の歴史や地誌を知る上において大変貴重な歴史資料である。宝暦13年(1763年)から天保12年(1841年)までかかり、宮津藩の儒者小林玄章(こばやしげんしょう)とその子の之保、孫の之原が三代にわたって著述した記録である。原本は、昭和2年の丹後震災で焼失したものと思われていたが、わずかに竹野郡の部のみが網野町郷の立野家に保存されて残っていた。
京丹後市HPより)


そんな丹哥府志に描かれている馬立島の東壁に去年の9月下旬に行ってきた。
↓馬立島の大壁(=東壁)

↓鷹取の様子。馬立島の岩壁にある鷹の巣から鷹狩に使うために鷹の雛を取ってる絵だそう。紐にぶら下がっている。

↓以下四ヶ条馬立嶋中の奇景、大うろ、観音坂、大壁(=東壁)、鷹ノ巣
懸崖数千丈(丈=3m、つまり数千丈=6000-9000m)と書かれています。
僕が見て登った感じは、高さ70m。どんだけ大袈裟やねん。


↓試験に出ます


↓航空(衛生?)写真


↓カヤックアプローチ


↓丹哥府志でいう馬立島の四つ奇景のひとつ「観音坂」ってひょっとしてこの坂??。


↓馬立島の四つの奇景のひとつ「大うろ」おそらく。


↓全景。四奇景のひとつ「鷹の巣」は見なかった。


↓四奇景のひとつ「大壁」(=東壁)の登攀ライン


1P目、クラックが続いてて快適トラッド。

2P目右、人生で一番やばいのレイバックをしてから10mほどクラックを登るが、1mほどクラックが閉じていた。細かいホールドはあったが肩に下げたギアが重くてムーブができない。上にハンドクラック見えてるのに。

2P目左、快適クラックから、被ったフィンガークラックを人工。

3P目、幅数mのボロい水平層があって出だしが登れず。すぐ上に硬そうなクラックが見えてるのに。

3P目、左に敗走トラバース。落ちたらやばい決死のトラバース。


1P目


奥の岬は丹哥府志にも出てくる、正面崎と甲岩。


奥の島は毛島


2P目、ここでクラックが閉じていた。


2P目、別のライン


3P目、敗走。でもむっちゃこわい。




けんけんじりじり

きのぽんと行く四国大滝巡攀物語その一。程野の滝編。

程野の滝
東から東滝、西滝、権現滝、大樽の滝
平成26年11/22。ぼくら(けんじり、きのぽん)は西滝を登った。

程野は国道194号線がヘアピン折れしていること。探しやすい。




↓赤線が登攀ライン。最下段は巻いた。






おまけ、翌々日の滑床渓谷のシーボルトミミズ


けんけんじりじり

きのぽんと行く四国大滝巡攀物語その二。御来光の滝編。




吉田初三郎『天下ノ絶景面河渓』昭和10年

御来光瀧
關門より七千八百八十米靈峰石鎚山の山麓高度千百二十米の地點に在り、面河第一の瀑布にして、高さ約四十一米幅三十四米ありて位置高く視界を遮る何物もなし、仰げば雲霧去来する間に靈峰儼然として峙ち神秘の靈氣身に泌むるを覺ゆ。

日本の滝百選(平成2年4月28日選定):落差101.6m 延長150.9m 幅34m

昨年11/23にゴルジュ13こときのぽんと石鎚山南面の御来光の滝を登った。



↓石鎚スカイラインの展望台からの写真


↓登ったライン(1P目けんじり、2P目きのぽん)












おまけ。
↓翌日、滑床渓谷のシーボルトミミズ(カンタロウ)


けんけんじりじり

カテゴリー

最新記事

(09/19)
(07/05)
(04/12)
(09/30)
(09/25)
(09/24)
(09/21)
(09/20)
(09/19)
(09/18)
(09/17)
(02/27)
(02/26)
(02/25)
(02/25)
(02/25)
(02/04)
(02/01)
(01/28)
(01/27)
(11/15)
(11/15)
(11/10)
(11/08)
(10/12)

ブログ内検索

忍者カウンター